保湿する物を選ぶコツ【ツルツル肌!魅力見つけた】

美容

乾燥肌は辛い時期がある

肌のざらつきを取る方法

美容

乾燥肌の方で、肌が何となく固くなっているとか、肌の表面がざらついていると悩んでいる方もたくさんいらっしゃいます。 固くなった肌やざらつきの正体は角質が積み重なったもので、角質肥厚という状態が起こっています。 乾燥肌の方は肌のターンオーバーが乱れていて、これが遅くなってしまうと古い角質がきれいにはがれずに肌に残ってしまいます。 これが徐々に蓄積されてしまって、角質が厚くなってしまうのです。 改善するのはピーリングが有効なのですが、無理に古い角質をはがしてしまうため、刺激に弱い乾燥肌にはあまり向きません。 角質を柔らかくする効果のあるブースター化粧水を使ったり、ターンオーバーを促進する成分が含まれた化粧水がおすすめです。 自然に古い角質を取ることができて、化粧品の浸透力も高まります。

ミルフィーユ保湿で乾燥対策

冬の乾燥する時期などはどんなに保湿を頑張っても、乾燥肌の方はなかなか肌が潤ってくれない場合があります。 そのようなひどい乾燥を感じる時には、ミルフィーユ保湿を試してましょう。 通常のスキンケアは洗顔後に化粧水を塗って、美容液、そして、乳液やクリームと付けていきます。 ミルフィーユ保湿の場合には、洗顔後の肌に乳液を付けて次に化粧水、また乳液と化粧水と重ねて保湿をすることです。 乳液には肌を柔らかくする効果があるので、その後に付ける化粧水もしっかりと浸透してくれます。 数回ミルフィーユ保湿を行なう事で、乾燥しにくい肌になることができます。 油分が少なめの乳液とさらっとしたタイプの化粧水を使用すると、ミルフィーユ保湿がやりやすくなります。