保湿する物を選ぶコツ【ツルツル肌!魅力見つけた】

美容

スキンケアは化粧水

乾燥を防ぐ保湿の基本について

化粧水

乾燥肌の方は肌のバリア機能が弱まっている状態なので、いかにバリア機能を傷つけずにスキンケアをするかが大切です。 洗顔は丁寧に優しくをモットーにして、力を入れずに行なうようにしましょう。 洗顔後にはすかさず化粧水を付けるのが基本です。 時間が開けば開くほど水分はどんどん蒸発していってしまいますので、洗顔後に即化粧水が大切です。 乾燥肌の方は化粧水にも保湿成分がたっぷりと含まれたものを使用しましょう。 水分を保持する肌の力が弱まっているので、化粧品の保湿成分が助けてくれます。 そして、油分でふたをするのを忘れずに行ないましょう。 べたつくからと乳液やクリームを省いてしまうと、水分が蒸発しやすくなってしまいます。 油分少な目の乳液やクリームもたくさんあるので、それらを使用するのが良いでしょう。

加齢による乾燥について

年齢を重ねてくると、乾燥肌へと肌質が変化してきます。 肌の奥で保湿をしているコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどが減少してしまうため、乾燥肌になってしわやたるみなどが起きやすくなります。 さらに、肌のバリア機能で重要な役割を担っているセラミドも、年齢と共に減少してしまいます。 セラミドが足りないとバリア機能も低下してしまって、水分が蒸発しやすくなり、老化の原因にもなる紫外線の影響も受けやすくなります。 エイジングケアというと肌の奥のコラーゲンやヒアルロン酸などが主流ですが、角質層で働くセラミドもしっかりと化粧品で与えてあげる必要があります。 化粧水なら水分と共にセラミドを補給することができて、水分の蒸発を抑える働きもしてくれます。